必要書類について

お金を借りるときには必要書類として身分証明書と給料明細、および印鑑証明などが挙げられます。身分証明書としては運転免許証のが一般的ですがお金を借りる際には健康保険証が必要になる場合も少なくありません。これは健康保険証が勤務先等の発行となっていることも多いため、申込書に記載した勤務先に確かに在籍していることを確認する意味の書類としてご利用されることが多いのです。さらに身分証明書の意味でマイナンバーカードや住基カードなどを利用できるケースもありますが、この場合には現住所に居住していることを証明する公共料金の請求書等現住所宛に届いた郵便物を提出しなければならない場合もあるので注意しなければなりません。

 

また給料明細や源泉徴収票は収入を得ていることを証明するために必要な書類の意味で用いられています。これらの書類を提出して初めて審査が開始されお金を借りることができるかどうかを判断されることになるのです。

 

最近ではマイナンバーが様々な場面で用いられるようになっています。マイナンバーは日本国民すべてに配布されている番号であるため、日本に在住していることを示す証明でこれを提出しなければならない規則としているところも増えており、提出書類をしっかりと確認して申し込み行うことが必要となります。

トップへ戻る