専業主婦におすすめのお金の借り方とは

専業主婦は本人に収入がないのでお金を借りるのは難しくなりますが、利用できるところもあります。まず、銀行のカードローンは総量規制対象外ですが、だからと言って返済できない相手に貸すことはありません。そのため、配偶者の収入で融資可能になっている銀行に申し込みます。

 

いわゆる銀行系カードローンは銀行ではなく消費者金融なので総量規制の対象になり、専業主婦では借りられませんが、これも配偶者貸付制度と呼ばれる、配偶者の収入で融資を認める特例があるため、対応している場合には借りられます。ただし、この適用は義務ではなく、金融機関で判断できるので大手の消費者金融で認めているところはありません。中小の消費者金融や、女性専用のキャッシングなどを行っている場合には適用していることがあるため、そこに申し込みをすると良いでしょう。

 

銀行でも消費者金融で借りる場合でも、本人に収入がないので返済能力は低く見積もられます。契約できた場合でも、限度額の上限が10万円に制限されているものも多いため、それ以上の金額を借りる場合にはパートやアルバイトで収入を得る必要があります。

 

キャッシング機能付きのクレジットカードの家族カードで借りることもできますが、この場合は本会員の支払いになるので、家族に許可を得ておきましょう。

トップへ戻る